教室なら1時間のレッスンに 30分の通学
でも自宅でできるから、余った時間は何をしようか?

教室・塾通い不要で、こっそり英語・英会話を習得

英語・英会話の上達は、こっそりできます。 理由は簡単。『聞き流すだけ』の英語教材・スピードラーニングがあるから。 塾や教室に通うだけが方法ではないです。

スピードラーニングは『聞き流すだけ』なのに4人中3人が成功を実感。 100%じゃないのが残念ですが、100万人が利用した英語学習の定番です。

『聞き流すだけ』なので、新たに英語学習のために時間を確保する必要がありません。 例えば、家事をしながら、ドライブ中のBGMとして、子供と遊びながら、ウォーキングしながら、就寝前の布団中、・・・など時と場所を選ばずに英語の学習ができます。

これまでの生活はそのままで、英語の学習を始める事ができるので、周りの人のにも気づかれないで英語の学習を進める事ができます。

『聞き流すだけ』だと不安に感じますが、ムリに暗記しようとか、理解しようとかしないほうが、楽ですし効果もいいようです。

『聞き流すだけ』のいいところは他にもあります。 スピードラーニングは暗記に頼りません。 英語の後に日本語で意味が流れるので、調べる手間も要りません。 意味も分からず英語を聞き続けるのではないので、楽しく続けられます。 学習のストレスが小さいので、勉強嫌いにも喜ばれています。

机や予定に縛られないので、もちろん忙しい人にも喜ばれています。

英語の学習をこっそり進めて、周りのみんなを驚かせるのも面白そうですね。 身近な人に驚き顔で「えっ、英語できたの!?」と言わせることを想像すると、なにかワクワクしてきませんか?

『聞き流すだけ』のスピードラーニング

スピードラーニングは聞き流すだけの英語教材。 広くたくさんの人に支持されている英語教材の定番です。

10代~80代の方までスピードラーニングを利用しています。 会社員をはじめ、学生や公務員、自営業、主婦、経営者の方まで幅広く利用されています。

スピードラーニングには無料サポートもあり、分からないことは電話で相談できます。 また、回数は限られますが無料で外国人スタッフとのフリートーク(電話)もできます。 英語の腕試しに喜ばれています。 4人中3人が成功した背景にはこういった工夫があるんですね。

教室やスクールに通わなくても、英語や英会話は上達できます。 教室での英語・英会話に失敗した人にも、喜ばれているスピードラーニングです。


スピードラーニング vs 英語教室・塾
スピードラーニング英語・英会話の教室・塾
生活の変化英語学習ためだけの時間は不要
生活を変えずに始められる
新たに通うための時間確保が必要
生活の何かを変える必要あり
コスト月々4,200円+送料315円
(初回のみ9,870円・送料無料)
毎日できる聞き流す英語学習の費用は、一日あたり150円程度
教室や日数などによりますが、月謝制でも月1万円以上はみたいところ
前払いで一気に数十万円支払う方式もあります
契約の安心途中解約・再開が自由
自分のペースでできて安心
前金制の場合も多く、途中で解約しにくいケースも。契約書をしっかりチェックしましょう。
サポート電話での無料相談あり。月2回まで外国人スタッフとの無料フリートークで腕試しも。先生に直接聞ける
人気プロゴルファー・石川遼プロもスピードラーニングの愛用者。
ゴルフでも英語でも好調な石川遼選手。 忙しい遼選手の英語学習の方法は スピードラーニング だったんですね。
* * * * * * * * * * * * * * *

道を聞かれること
道を聞かれることっていいことです。初対面でも話しやすいということを示しているでしょう。でもそれが慣れない英語で聞かれた場合はどうしましょう。あわてて逃げだすようではカッコ悪いです。実は少しの単語があれば、だいたいは対応できるものです。大事なことは落ち着いて対応することでしょう。

中学校英語に関する基本調査
ベネッセが実施した「第1回中学校英語に関する基本調査」に興味深い結果があります。調査時期は2009年1月~2月で、2011年の小学校英語必須化開始直前の調査です(全国の中学2年生の有効回答数2,967名)。6割以上が中学校入学前にアルファベットや英語を聞く話すなどの英語をやった事があったそうです。機は熟してたのかもね。

ニュージーランドと英語
ニュージーランドでも、英語が使われています。オーストラリアと同様にイギリス英語が基本になっています。そしてニュージーランドでもう1つの公用語であるマオリ語の影響も受けています。なおマオリ語は、先住民族マオリの言語です。キーウィイングリッシュと呼ばれることもあるようです。

イギリスと英語
イギリスのイングランドが英語発祥の地です。でもたとえばスコットランドにはスコットランド語などもありあります。イギリスの言葉ももともとは一枚岩ではなかったようです。イングランドの同化政策により、話せる人が激減した言語もあるんだとか。でもウェールズ語などの復興策が現在行われているようです。

ドライブ中に
聞き流すだけの英語学習なら、音楽のようにドライブ中に流して聞くという方法があります。運転している時間が長い人は、簡単に英語を聞く時間を増やせるということです。運転中の時間も無駄にしないというのが、やはりうれしいです。電車などと違って、空いているのは耳だけですからね。

日本にいても英語
企業内の公用語を英語にしたり、英語での会議が行われたり、日本にいたままでも英語が浸透しています。仕事で海外とのやり取りも増え、通信システムの広がりや進歩によりリアルタイムな海外とのつながりも手軽なものになっていることも背景にあるみたいです。

思い出の記者会見集:石川遼選手:ノーザン・トラスト・オープン2009
2009年のノーザン・トラスト・オープンの石川遼選手の英語での会見には驚いた人は多かったと思います。通訳ナシで、自前の英語で堂々と話す姿はびっくりでした。「ハロー、アメリカ」から始まり、途中では記者さんたちに「りょう」の発音のレッスンまで。英語力もそうですが、ハートも強いですね。

フィリピンと英語
フィリピンにはフィリピン語があり国語となっていますが、公用語として英語も使われています。その背景には、母語として使われる言語が172もあるからのようです。フィリピン語のほうもタガログ語を基にして採用された新言語なんだとか。アメリカの植民地だった歴史から英語が広まっていた経緯もあります。

アメリカと英語
英語といえばアメリカ英語のイメージが強いと思います。アメリカには多くの人々が集まっており、どの言葉が使われてもおかしくないほどの状況があります。でも一般的には英語というのが基本となっています。学校で習う英語でも、アメリカを意識したものになっているように思います。

ウォーキングしながら
ウォーキングしながら耳では英語のトレーニングというのもいいかも。意外とウォーキング中は退屈してしまうことも。英語トレーニングにも意識を使うことで、退屈なウォーキング中もモチベーションを高く維持できる助けにもなるみたい。さらに時間を無駄にしない一石二鳥なところが面白いです。


↑↑ クリック ↑↑
やる気を ちゃんと 実力に
英語の上達、目指す人がいれば具体的なイメージとなってヤル気もアップするかも。

近頃は英語を使いこなす有名人も多いですが、どういう人が目標にされているでしょうか?

例えばね。 海外留学経験のあるタレントの関根麻里さんや、大リーガーのイチロー選手、プロゴルファーの石川遼選手あたりが人気のようです。

注目される有名人の英語力ですが、学習方法まで話題になっているといえば、石川遼選手でしょう。

石川遼選手の場合、海外留学したわけでもなく、英語力の高い誰かに教わったわけでもなく、高額の英語教育を受けたわけでもないです。

石川遼選手の英語学習方法は誰にでも真似できる方法。 「ゴルフ」と「英語」を両立させた、遼選手の英語学習。 それは「スピードラーニング」でした。
【スピードラーニング】
↑ クリック ↑
こっそりと 暗記に頼らない英語上達


体験とスピードラーニング

英語を聞き流すのマネ
 聞き流すだけの「スピードラーニング」で英語が身につくなら、「英語音声を聞き流せばいいかも」と閃き、二ヶ国語放送などの英語の音声を集めて聞ました。
 結果は続けて1ヶ月くらいで挫折。 意味の分からない英語を聞き続けることが、こんなに退屈だとは思いませんでした。

いつの間にか聞いてる
 スピードラーニングは英語の後に日本語で意味が分かる構成。 しかも流れる内容が、リアリティがあって、また知らないと困りそうなことも。つい耳を奪われるように、聞いちゃってることも。 意味の分からない英語を聞いてるのとは全然違います。

ヤル気が低下したときこそ威力!
 スピードラーニングは聞き流すだけ。 やることはプレーヤーにスイッチを入れるだけ。 音が流れてる間は、何をしていてもいいので、邪魔になりません。 英語に対するモチベーションが下がったとき、他の方法では途切れて、それっきりもあると思いますが、スピードラーニングなら簡単すぎてやめる理由が見つからないくらい。 聞き続けてさえいれば、勝手に耳が音に慣れてく感じ。 聞き取れるフレーズもだんだん増えていきます。


英語と英会話

こっそり英語特集

北海道・東北

茨城・栃木・群馬

東京

埼玉・千葉・神奈川

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

リンクについて

| 30代の英語・英会話こっそり英語やり直し

ご感想・お問合せ等

Copyright © 2007 - 2015 こっそりと@やり直し英語・英会話. All rights reserved